• 講義・実験

  • 講義・実験イメージ
 

ホーム > 学科紹介 > 講義・実験

講義・実験

講義・実験イメージ_1講義・実験イメージ_2
2つのキャンパス
山形大学工学部では一年次は山形市内の小白川キャンパスで教養科目を中心にし、専門科目の一部を学びます。広い分野の友人関係を築くことができます。 二年次からは米沢キャンパスに移動してより専門的な知識を身に着けます。
講義の特色
高分子材料はいわゆるプラスチックス、繊維として用いられるだけでなく有機ELの材料やその軽さを生かした「炭素繊維」「高強度材料」として用いられています。これらの性質を理解するには分子個々の基礎的構造から、分子の集合体的な性質のを理解しないとその性質を明らかにする必要があります。そのため、「数学」「物理」「有機化学」「物理化学」「高分子基礎科学」の5つの分野に着目し、それらを中心にしたカリキュラムを組んでいます。
専修コース
3年次から 「高分子合成化学」 「光・電子材料工学」 「高分子物性工学」 の三つのコースに分かれて勉強します。詳細は専修コースのページをご確認ください。
研究開発プロポーザル
3年後期から、各研究室に配属することになります。少人数での研究・教育を通してより実践的な技術者の育成を目指します。基本的に研究開発プロポーザルで配属された 研究室で卒業研究を行います。