• 専修コース

  • 専修コースイメージ
 

ホーム > 学科紹介 > 専修コース

専修コース

「機能高分子工学科」では、高分子材料のインテリジェント化を目指して、高分子の基礎科学から製品レベルでの実用化までの一貫した教育・研究を通して、確かな専門基礎学力に立脚した独創的かつ実践的な専門技術者、研究者の育成に重点を置いています。

本履修プログラムは、4学期までに高分子工学専門の基礎となる「数学」、「物理」、「有機化学」、「物理化学」、「高分子基礎科学」を体得させ、5学期以降では以下の3つの専修コースに配属させて少人数教育のもとより高度な専門的内容を体得できるようになっています。

高分子合成化学専修コース
材料のインテリジェント化に必要な化学反応の探索、高分子の合成とキャラクタリゼーション、機能特性評価 と、バイオテクノロジーの基礎に関する教育を行います。さらに、高分子鎖を構成する最も小さな単位である 分子構造に機能の発現が由来するような新規機能材料の創成を行うことで、さらなる高機能材料の開発を行います。
専修コースイメージ
光・電子材料工学専修コース
光・電子機能を中心とした材料のインテリジェント化を図ることを目的にした研究を行います。高分子の鎖の分子構造 および高次構造に由来する光・電子材料を有する新規材料の研究を行います。例えば、有機ELや有機太陽電池 やカーボンナノチューブを使った機能性材料の開発などがあります。
専修コースイメージ
高分子物性工学専修コース
材料の高機能化に欠かすことのできない高分子材料の加工技術とその解析技術にかかわる研究を行います。 ナノ成形加工により、特別な機能を持った材料加工やナノレベルの高分子を直接観察できる技術を使って、最先端の研究を行っています。
専修コースイメージ